Nk house

枚方市の古い街並みの残る閑静な住宅地に建つ若い夫婦と幼い子供たちの家。
敷地は2方道路の角地という恵まれた立地条件でありながら、その2つの道路に高低差が約3mあり、どのようにアプローチし空間をつくり上げていくかが一つのテーマであった。
道路高低差のほぼ中間の高さから敷地にアプローチし、玄関を基準としたステップフロアとする。玄関から半階上がると広々としたLDKへ、半階下がると寝室等のプライベート空間へと続いていく。空間構成がシンプルで、外部からの動線も短く利便性に富んでいる。
また、開放的なワンルームのLDKからさらに半階あがるとプライベート、パブリック両方の使い方ができる水周り空間、リビングから見えないように設けられた物干し用のサービスバルコニーと続いていく。レベルの変化に合わせて床の仕上げを変えることで連続した空間でありながら、個性が生まれ、間延びすることなくシークエンスを楽しむことができる。
敷地の高低差を空間にうまく取り込むことで、この場所にしかできない明るく開放的で、柔軟さをもつ家が出来上がった。

所在地
大阪府枚方市枚方元町
用途
専用住宅
構造
木造
規模
地上2階建て
敷地面積
113.19m² (34.24坪)
建築面積
74.56m² (22.55坪)
延床面積
104.62m² (31.64坪)  1階 55.10m²  2階 49.52m²
竣工
2014年6月
写真
太田 拓実